ブログ

きくちちき絵本展に行ってきました

現在、吉祥寺美術館で開催中のきくちちき絵本展「しろ と くろ」に行ってきました。

気になっていたもののなかなか時間が取れず、開催期間終了間際に駆け込みました。(11月10日まで)

 

初めて訪れる吉祥寺美術館。

マップを見ながら行ったら、駅から歩いて3分ほどで着きました。

ビルの7階のこぢんまりとした展示スペースながら、のびのびと自由なちきさんの作品が、圧倒的な存在感で展示されていました。

なんと、展示も撮影可とのことで、遠慮なく。(笑)

今回の展覧会のために制作された大型バナーが圧巻でした。

 

しろとくろの、立体作品も今回のために制作されたそうです。

しろ

くろ

 

デビューして約7年、20冊あまりの絵本を生み出したきくちちきさんの絵本原画と、絵本にならなかったラフスケッチなど、約200点が展示されています。

きくちちきさんが絵本作家として大切にするのは、「絵本を作りたいという純粋な気持ち」とのこと。

その言葉どおりの、自由でのびやかな、時に鮮やかに、時に淡く限りなく優しい絵の数々に癒されました。

 

この展覧会会期中に、ブラチスラヴァ世界絵本原画家で、きくちちきさんの「もみじのてがみ」が金牌を受賞したというニュースが入ってきました。

今の季節にぴったりの、とても素敵な1冊です。

ミュージアムショップで、展覧会図録とともに早速購入。

図録も、新作絵本「くろ」がまるまる収録されていて、お得感があります。

秋の夜長、ゆっくり楽しませていただきます。

 

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 


ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る