学び・気づき

時間管理はいのちの使い方

時間管理、タイムマネジメントというテーマにずっと興味を持ってきました。

自分でもなぜだかわからないのですが、書店で時間管理の本を見つけたり、雑誌で特集されていたりすると、つい手に取ってしまいます。

そろそろ年末。書店や文具店の店頭には、来年の手帳やカレンダーも並んでいます。

これらも、いわば時間管理のツールのひとつ。

手帳術を特集した雑誌も、興味をひかれてしまいます。

そんなふうにして、手帳術を試行錯誤し、時間管理の本を読み漁り、自分なりに「時間」という概念について考え続けてきました。

子供が生まれてしばらくしてからだったと思います。

乳児の世話と家事だけでいっぱいいっぱい。

今まで難なくできていたタイ語の勉強、英語の勉強、読書、友達とのランチ、映画、ショッピング、ちょっとしたお出かけなどが、とてもとてもハードルの高い活動になってしまいました。

その大変化に自分の意識をチューニングできず、家事育児と自己実現の両方を同時にかなえられないものかと、もがき苦しんでいたのです。

まずは、目の前の作業の効率化や生産性アップ。

まとめられる作業はまとめるとか、家事の動線短縮とか、必要ないことをやめるとか。

次に機械やサービスを利用するアウトソーシング。

食洗器を使ったり、生協のミールキットを利用したり。

家政婦さんやお掃除サービスまでは無理ですが・・・

脳や体調の適した時間に適した活動を持ってくる、という概念は割と最近意識するようになったことです。

そして、健康や睡眠を管理して、体調を整え、安定したパフォーマンスが得られるようにすることも。

 

さらに最近考えることは、どんな活動も自分の人生の一部であるということです。

結局、人生はどんなにお金を稼いだかでもなければ、どんなに有名になったか、えらい肩書を持ったかでもなく、どれだけ充実した豊かな時間を過ごしたか、幸せを感じて過ごしたか、じゃないかと思うのです。

最近、こんな話を聞きました。

ある有名企業の社長さん、年間に60日もスキーに行くそうです。

自分が死ぬとき、「もっとスキーに行きたかった」と後悔したくないからだそうです。

また、別の会社の社長さんは、子供の保育園の送り迎えをするために、9時~17時勤務を死守しているとか。

もちろん、いやいややっているわけではありません。

有名企業の社長さんですから、人を頼んだり、自分が行かなくてもすむ手立てはいくらでもあるでしょう。

でも、子供の幼い限られた期間、積極的に関りたいという思いから、あえてそうしているそうです。

どちらの会社も、誰もが名前を聞いたことがある有名企業で、よくビジネス雑誌などにも取り上げられるような、注目度も高く勢いのある会社です。

社長が忙しくないわけがありません。

それでも時間をこう配分すると、自分で決める。そのための仕組みを作り、人を育て、仕事が回るようにする。

 

私の場合、子供たちが少し成長し、身の回りのことは自分でできるようになりました。

添い寝の必要もなくなり、学校の持ち物も自分で用意しています。(忘れ物はありますが・・・)

楽になってきたな~、もっと仕事できるかな~、と思い始めた時、長男が強豪のスポーツチームに入りたいと言い出しました。

多くの親御さんが、「スポーツ少年団」などの活動を敬遠したり、入団を躊躇したりします。

親の時間と労力を、半端なく取られるからです。

実際私も葛藤はありましたし、大変でした。

今は、その息子は中学校の部活に夢中ですが、またまた強豪チームなため遠征も多く、親のサポート、帯同が必要です。

なんと、さらに弟までスポーツ少年団の野球チームに入ってしまいました。

今のチームでは、「我が家は帯同無理です」と言って、チームの方に子供だけお願いすることもできなくはありません。

または、送迎だけして試合は見ずに家に帰っていても大丈夫です。

私もそうやって、お願いしてしまうこともあります。

しかし、時間の都合がつく限り、特に大事な大会の時は、応援に行くようにしています。

帰ってから、息子と試合の内容や、メンバーの話などをして盛り上がるのも幸せな時間です。

小さくて泣き虫だった息子が、夢中になるものを見つけ、挑戦し、勝負に泣き、笑い、成長している瞬間に立ち会っていたい。

そういうことに、自分のいのちの時間を配分したいと思うのです。

仕事やキャリアの面では、確かに制限されます。

今の状況で、新たにお勤めに出る時間、体力、気力を捻出するのは難しそうです。

それでも、子供たちと熱い時間を共有したという豊かな経験は、私の今後に新たな可能性を見せてくれたような気がします。

時間管理にとらわれたフェーズからそろそろ抜け出し、いのちの時間を味わい、幸せを感じることにフォーカスするように、レベルアップしていこうと思います。

 

にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪