雑記

筑波大キャンパスで、迷子になりつつ楽しかった午後

お友だちに誘ってもらい、筑波大で開催中の書道の展覧会を観てきました。

まずお昼を食べようと、友だちおすすめのハラルフードのお店へ。

さすが留学生の多い筑波大、ハラルフードのカフェテリアがあるとは!

ハラルフードとは、イスラム法上で食べることが許されている食材や料理のことです。

日本で初めて入ったハラルのお店が、大学のカフェテリアとは。

ヨーグルトのチキンカレーを、テラス席でいただきました。

店内は外国人の留学生ばかりで、なんだか日本じゃないみたい。

このセットで550円。カレーもなかなか本格的。大きなチキンがゴロゴロ入っていて、おいしかったです。

ゆっくりランチをいただき、さて、作品を見に行こうとしたところ、なかなか展示ギャラリーが見つからない。💦
筑波大は、子供の陸上教室に通っていたことがあり、度々来たことがあったものの、陸上トラックしかわからない。💦

つくば市の夏の子供向け企画、「ちびっこ博士」という研究施設をめぐるスタンプラリーでも、筑波大のギャラリーには来たことがあったものの、迷いながらなんとなくたどり着いていただけで、いまだにどこをどう走ってきたのかわかりません。

今回も、キャンパス内をぐるぐるドライブしたすえに、なんとかたどり着き、素晴らしい書道作品を鑑賞することができました。

それにしても、筑波大、広過ぎです。

大学の面積では、全国2位の広さだとか。

学棟内の学食やカフェテリアだけでなく、最近オープンしたこんなカフェも。

まるでここは軽井沢?のような雰囲気の中で、ゆっくりコーヒーを飲んで帰ってきました。