タイ語

「みんなうんち」五味太郎作 かがくのとも絵本もタイ語になってます

昨日見てきたかがくのとも創刊50周年記念「あけてみよう かがくのとびら展」、エントランス正面にどどーんと飾ってあるのはこれ。

五味太郎作「みんなうんち」の最後のページです。

 

このシリーズを代表するような人気作品なんですね、きっと。

この本、タイ語にも翻訳されていました。

先日爆買いしてきた1冊にありました。

比べてみると、印刷の色味が結構違うのが残念ですが、翻訳や文字の雰囲気は五味さんの味わいと違和感ありません。

中面の文字は、日本語版は丸ゴシック体ですが、タイ語は手書き風でかえって味わいがあるくらい。

タイの子どもたちも、これを読んで「うんち、うんち」って言ってるのかな、と思うと微笑ましいです。

 

ちなみに、タイ語版の表紙には、「BEST OF THE WORLD」のマークが印刷されています。

下にタイ語で「世界中の子供たちが読む最良の本」と。

どこで選んで認定してるんだろう?

タイだけでの選書だよね?まさか世界で選ばれた?

ちなみに価格は195バーツ。(約700円)

タイの絵本業界事情、興味津々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなうんち

五味太郎さく

福音館書店 かがくのとも絵本