原田メソッド

  1. 師匠の言葉「仕事と思うな人生と思え」

    目標達成の技術、「原田メソッド」を作った原田隆史先生が、4月1日からYouTubeチャンネル「朝刊原田先生」「夕刊原田先生」の配信を始めました。原田メソッドでは、言葉を大切にしています。

    続きを読む
  2. 石田勝紀著「同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか?」を読みました

    オットがトヨタに車の相談に行くというので、くっついて行きました。約束の時間よりかなり早く着きそうだったので、時間調整に立ち寄ったTSUTAYA BOOKSで、ついこんな本を衝動買い。

    続きを読む
  3. 休校中の修了式に思うこと

    3月24日、つくば市の小中学校は修了式でした。うちの息子たちも、中学7年(つくば市は小中一貫教育なので、中1=7年生)と小学5年生の課程を修了しました。ただ、「無事、修了」と言っていいのかどうなのか・・・3月6日から一斉休校で、学校には行っていません。

    続きを読む
  4. 緊急事態宣言の前に、予測と準備 その2

    世界の主要な都市が、次々とロックダウン(都市の封鎖)をしていく中で、日本もそうなる可能性を考え、食料品や生活用品の備蓄を始めました。昨日は、米やパスタ、レトルト食品や缶詰などの保存食と、洗剤やシャンプーの詰め替えなどの生活用品を買い足しました。

    続きを読む
  5. 緊急事態宣言の前に、予測と準備 その1

    異例の一斉休校、オットの在宅勤務、いろんなイベントの中止で、なんとなくのんびり家ごもり生活になってます。「今できることを」の意味は、レジャーやイベントがなくても家で家族でできることを楽しもう!という意味もありますが、これから起こるかもしれないことへの備えをする、という意味もあります。

    続きを読む
  6. ZOOMでShiawaseシンポジウムに参加しました

    3月20日、「Shiawase2020」という無料のシンポジウムが開催されました。過去3年はリアルで集まるイベントだったようですが、今年はこういう状況なため完全オンラインでの開催となりました。

    続きを読む
  7. コロナショックにはプロジェクトを発動します

    つくば市では、3月6日から子供たちの小・中学校が休校となり、超大型連休が始まります。といっても、楽しくレジャーに出かけたりできない状況。「コロナの感染拡大を避けた行動をとる」というしばりつきのお休み。

    続きを読む
  8. 子供の可能性をのばすということ

    原田隆史先生の書いた「いま、子どもたちに伝えたいこと」という本を読みました。いつも原田先生が講座の中で語っていること、自立型人間の育成や心作りのことなども書かれていますが、この本では原田先生の子供の頃と、高校生の頃のエピソードが印象的でした。

    続きを読む
  9. 私のリカレント教育

    リカレント教育という言葉があります。ウェブ版の知恵蔵のよると、「社会人になってからも、学校などの教育機関に戻り、学習し、また社会へ出ていくということを生涯続けることができる教育システムを指す。

    続きを読む
  10. ほうれんそうは、おひたしでという話

    毎朝、子供たちを送り出した後の家事タイム、私はラジオのニュース番組のPodcastを聞いています。いつも聞いているのは、「ニッポン放送 飯田浩司のOK!Cozy up!」という番組です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る