読書

  1. この科学絵本がすごい!

    先日見に行った、福音館書店の月刊かがくのとも創刊50周年記念「あけてみよう かがくのとびら展」で見つけたこの2冊がすごかった!アリになった数学者森田真生:文 脇阪克二:絵福音館書店 たくさんのふしぎ傑作集...

    続きを読む
  2. 江上数峰青(茶席の禅語) 8月の特別稽古で思うこと

    裏千家の茶道をお稽古しています。8月は基本的にお稽古はお休みなのですが、先生のご厚意で特別稽古をしていただけることになりました。床の間に掛けてあったのは、「江上数峰青」。禅語です。

    続きを読む
  3. かがくのとも創刊50周年記念企画「あけてみよう かがくのとびら展」開催中 

    福音館書店の月刊科学絵本「かがくのとも」が、今年創刊50周年を迎えたそうです。それを記念して、「あけてみよう かがくのとびら展」が、8月23日(金)~9月8日(日)まで、アーツ千代田3331で開催中です。ちょうど所用があって東京に出たついでに、寄ってみました。

    続きを読む
  4. 「超常現象 科学者たちの挑戦」 真夏の夜は、ちょっと怖い本が読みたくなる

    超常現象 科学者たちの挑戦 【NHKスペシャル取材班】(新潮文庫)という本を読みました。子供の頃から、ちょっと怖い話、不思議な話が好きでした。

    続きを読む
  5. 「ぐりとぐらのえんそく」タイ語版

    先日、バンコクで爆買いしてきた絵本の中の1冊、「ぐりとぐらのえんそく」を読んでみました。おなじみの「ぐりとぐら」のシリーズのうちのひとつです。

    続きを読む
  6. 完璧なかたち

    運動のため、週に3日はウォーキングをするように心がけています。普段は、中学校の近くの公園や、そこから近所の運動公園までの遊歩道などを歩いているのですが、さすがに最近は暑すぎて断念してしまいます。

    続きを読む
  7. タイ語に翻訳された絵本「ぐるんぱのようちえん」

    バンコクで、「ぐるんぱのようちえん」のタイ語翻訳版を見つけました。息子たちが小さいころ、大好きだった絵本です。以前うちには、ぐるんぱのぬいぐるみもありました。懐かしくなって、迷わず購入。家に帰って、早速日本語版と並べてみました。

    続きを読む
  8. バンコクの書店で爆買いとチャオプラヤーディナークルーズ

    同窓会の翌日は、夕方までフリータイム。私は、タイに単身赴任しているオットとランチの予定がありました。そしてもう一つ。どうしてもやっておきたいことが・・・それは、大きな書店で、日本の本のタイ語翻訳本の出版状況を見て、できる限り買って帰ること。

    続きを読む
  9. ちひろ美術館で「ショーン・タンの世界」展 7月28日まで開催中

    東京のいわさきちひろ美術館で、現在、「ショーン・タンの世界」展が開催されています。とても緻密で印象的な絵を描く、絵本作家でありアーティストの日本初の企画展を観てきました。初めて訪れたちひろ美術館。上井草の住宅街の中にひっそりと建っています。

    続きを読む
  10. 夏の読書のお楽しみ

    夏が近づくと、出版社各社で夏のブックフェアが始まります。ほぼ毎年恒例のようになっていて、お馴染みキャラのノベルティやオリジナルブックカバーがもらえたりします。これが実はなにげにお気に入りだったりします。今年ゲットしたのはこの3つ。

    続きを読む
ページ上部へ戻る