絵本の森

絵本との新たな関係

 

子供の頃から、本が大好きでした。

自分に子供ができてから、絵本だけは毎晩せっせと読んであげました。凝ったキャラ弁や、かわいい子供服を作ってあげることはありませんでしたが・・・

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

子供が生まれるまでは、特に絵本が好きというわけではありませんでした。

子供の頃好きだった作品の記憶はありますが、成長に従って児童書、小説、自分の仕事に必要なハウツーやビジネス書、趣味の本・・・と手に取る本は変化してきました。

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

ところが、自分の子供に絵本を読み聞かせるようになって、なんとも懐かしく、温かく、ときに面白く、または切なく、そして幸せな気持ちになることに気づきました。

幸い息子たちも本好きで、ママの読み聞かせは、寝る前の我が家の儀式として長年定着していました。

その習慣の延長で、長男が小学校に入学してから、学校で絵本の読み聞かせボランティアをするようになりました。読み聞かせる学年や季節に合わせて絵本を選び、子供たちの反応を見ながら、お気に入りの絵本を読み聞かせてあげるのは、本当に楽しい、至福の時間でした。

 

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

ある時、6年生の教室で、「おおきな木」(シェル・シルヴァスタイン作、村上春樹訳 あすなろ書房)という本を読みました。大人に絵本ひろめ隊 中山純子

読み終わって教室を出ようとすると、教室の後方で聞いていた担任の先生が近づいてきました。20代後半とみられる体育会系の男の先生の目は、涙でうるんでいました。

そして、「すごくよかったです。ぼく、この本買います!ありがとうございました」と。

ちょっと驚き、とても嬉しく思いました。

子供のためだけではない、絵本のあり方というものを考えるようになったのは、この時からかもしれません。

 

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

それから数年が経ちました。

さすがに長男が小学校を卒業する頃になると、寝室も分かれ、いつの間にか寝る前の儀式もなくなりました。

しかし、子供たちが聞いてくれなくなっても、絵本を読み続けている自分に気がつきました。

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

ある時、ネットサーフィンをしていたら、「大人に絵本ひろめ隊®」という活動があることを知りました。

これは、「絵本セラピスト協会」という団体が主催するもので、身近な人に絵本を読んであげたり、読み合いをしたりすることで、絵本の輪を広げていこうという活動です。

絵本の世界や物語を共有した人たちが、共感や感じ方の違いを受容し、仲良くなっていく。絵本を介して生まれた優しい気持ちが、波紋のように広がり、ささやかながら世界平和につながってもらいたい。そんな思いがあるとのこと。

 

「これ、やってみたい!」

 

直感的にひらめきました。

早速、2019年4月に開催された大人に絵本ひろめ隊入門講座に申し込み、絵本出版の現状や絵本を読み聞かせる基本技術の講義を聞き、読み合い体験などのグループワークを経て、めでたく隊員となりました。

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

隊員の仕事、活動は具体的には決まっていません。

自分なりに、身近なところから絵本を紹介したり、読んであげたりするところから始めればよさそうです。

私も、ご縁があって目の前にいる人に、

絵本を通じて勇気、元気、感動や癒しを与えたり、ほろり、クスリ、ほっこりの時間を共有したりできたら

という思いで活動していきます。

 

中山純子 絵本

えほんやなずなのえほんの井戸端、11月のお題は「本・図書館」

こんにちは! つくば市在住の絵本セラピスト🄬らくちゃんです。 つくば市の絵本専門店「えほんやなずな」で毎月開催されている、「えほんの井戸端」が、今月も無事に開催され、12日(木)に参加してきました。 「えほ

コメントなし

おすすめ絵本「つきとうばん」の原画が、京都に行きます

こんにちは! 大人に絵本を読んでいる、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。 10月にZoomで開催した「らくちゃんの絵本タイム」で、絵本「つきとうばん」を読みました。(その時の記事はこちら) 中秋の名月もあり、

コメントなし

私と次男の少年野球時間

こんにちは! 思春期男子二人子育て中の母、らくちゃんです。 週末、次男の野球の練習試合。 雲ひとつない、気持ちのいい秋晴れでした。 葉っぱの散りかけた梢越しに、仰ぎ見る青空が気持ちよかったです

コメントなし

10月の絵本タイム、開催しました

こんにちは! 大人に絵本を読んでいる、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。 今年8月から、月に1プログラム、2~3回、「らくちゃんの絵本タイム」と称して、Zoomで絵本セラピーを開催しています。 絵本セラピーと

コメントなし

絵本「アリになった数学者」 朝露の中に悠久無限の世界を感じます

こんにちは! 大人に絵本を読んでいる、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。 今朝、母が庭に作っている、小さな菜園の青虫取りを頼まれました。 庭に出てみると、朝露が葉っぱの上でキラキラ、コロコロ。

コメントなし

薮内正幸美術館館長のお話「好きこそものの上手なれ」に感動

こんにちは! 大人に絵本を読んでいる、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。 動物画家の薮内正幸さんという方がいました。(2000年に逝去) 毛の一本一本まで描き込んだ精緻な動物画で、たくさんの動物図鑑や絵本を描

コメントなし

えほんやなずな 10月のえほんの井戸端、テーマは「収穫・実り」

こんにちは! つくば市在住の、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。 10月11日、なじみの絵本専門店「えほんや なずな」で「えほんの井戸端」が開催されました。 「えほんや なずな」と「えほんの井戸

コメントなし

「たべるたべるたべること」 絵本の中に見つけた懐かしいタイのもの

こんにちは! 大人に絵本を読んでいる、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。 先月、オンラインで開催した絵本セラピー。 秋は実りの季節ということで、「たべるたべるたべること」(くすのきしげのり:作 小渕もも:絵 おむすび舎)と

コメントなし

絵本セラピー 9月のプログラムを開催しました

こんにちは! 大人に絵本を読んでいる、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。 新型コロナによる「ステイホーム」以降、人が集まって絵本を読んだり、おしゃべりしたりすることが難しくなりました。 大人に絵本を読み、感じ

コメントなし

長男が14歳になりました

こんにちは! 男子二人のママのらくちゃんです。 10月4日、長男が14歳になりました。 あれから、14年も経ったのかぁ・・・ 子育てをしている人なら、毎年子供の誕生日に、そう思うのではないでしょうか。

コメントなし