絵本の森

絵本との新たな関係

 

子供の頃から、本が大好きでした。

自分に子供ができてから、絵本だけは毎晩せっせと読んであげました。凝ったキャラ弁や、かわいい子供服を作ってあげることはありませんでしたが・・・

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

子供が生まれるまでは、特に絵本が好きというわけではありませんでした。

子供の頃好きだった作品の記憶はありますが、成長に従って児童書、小説、自分の仕事に必要なハウツーやビジネス書、趣味の本・・・と手に取る本は変化してきました。

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

ところが、自分の子供に絵本を読み聞かせるようになって、なんとも懐かしく、温かく、ときに面白く、または切なく、そして幸せな気持ちになることに気づきました。

幸い息子たちも本好きで、ママの読み聞かせは、寝る前の我が家の儀式として長年定着していました。

その習慣の延長で、長男が小学校に入学してから、学校で絵本の読み聞かせボランティアをするようになりました。読み聞かせる学年や季節に合わせて絵本を選び、子供たちの反応を見ながら、お気に入りの絵本を読み聞かせてあげるのは、本当に楽しい、至福の時間でした。

 

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

ある時、6年生の教室で、「おおきな木」(シェル・シルヴァスタイン作、村上春樹訳 あすなろ書房)という本を読みました。大人に絵本ひろめ隊 中山純子

読み終わって教室を出ようとすると、教室の後方で聞いていた担任の先生が近づいてきました。20代後半とみられる体育会系の男の先生の目は、涙でうるんでいました。

そして、「すごくよかったです。ぼく、この本買います!ありがとうございました」と。

ちょっと驚き、とても嬉しく思いました。

子供のためだけではない、絵本のあり方というものを考えるようになったのは、この時からかもしれません。

 

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

それから数年が経ちました。

さすがに長男が小学校を卒業する頃になると、寝室も分かれ、いつの間にか寝る前の儀式もなくなりました。

しかし、子供たちが聞いてくれなくなっても、絵本を読み続けている自分に気がつきました。

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

ある時、ネットサーフィンをしていたら、「大人に絵本ひろめ隊®」という活動があることを知りました。

これは、「絵本セラピスト協会」という団体が主催するもので、身近な人に絵本を読んであげたり、読み合いをしたりすることで、絵本の輪を広げていこうという活動です。

絵本の世界や物語を共有した人たちが、共感や感じ方の違いを受容し、仲良くなっていく。絵本を介して生まれた優しい気持ちが、波紋のように広がり、ささやかながら世界平和につながってもらいたい。そんな思いがあるとのこと。

 

「これ、やってみたい!」

 

直感的にひらめきました。

早速、2019年4月に開催された大人に絵本ひろめ隊入門講座に申し込み、絵本出版の現状や絵本を読み聞かせる基本技術の講義を聞き、読み合い体験などのグループワークを経て、めでたく隊員となりました。

大人に絵本ひろめ隊 中山純子

 

隊員の仕事、活動は具体的には決まっていません。

自分なりに、身近なところから絵本を紹介したり、読んであげたりするところから始めればよさそうです。

私も、ご縁があって目の前にいる人に、

絵本を通じて勇気、元気、感動や癒しを与えたり、ほろり、クスリ、ほっこりの時間を共有したりできたら

という思いで活動していきます。

 

中山純子 絵本

今読みたい本「カラーモンスター きもちはなにいろ」

コロナウィルスは、過去に体験したことのない災禍です。 じわじわと感染者、死亡者数が増え、外出自粛要請も都心への移動から生活圏へと深刻さが増してきました。 ニュースを見ながら、自宅に引きこもり、なんとも落ち着かない気持ちで […]
コメントなし

今読みたい本「すばらしき父さん狐」

今、不安と恐怖、混乱、不満、イライラ、不自由さなどを抱えて、長期戦の引きこもり生活をしています。 そんな時は、憎らしい敵と絶望的な状況を、知恵と勇気で切り抜ける、元気が出るハッピーエンドのお話はいかがでしょう。 &nbs […]
コメントなし

おうちがジム化

うちのオットは、全然スポーツマンじゃないのですが、健康オタク。 食べ物に気をつけたり、早寝早起きをきっちり守ったり、せっせとウォーキングをしたりしています。   昨年の11月に赴任していたタイから帰国するまで、 […]
コメントなし

自粛疲れは、想像力で乗り切ろう!

政府による全国一斉休校要請以降、様々なイベントが中止され、外出、移動の自粛も求められています。 すでに1ヶ月近くこんな状態ですが、収束が見えるどころか、日増しに事態は深刻さを増し、自粛生活も長期化する見通しです。 ネット […]
コメントなし

外出自粛となごり雪の日に楽しむ絵本

コロナウィルス感染拡大防止のため、小池都知事が週末の不要不急の外出自粛を要請しました。 それに合わせて、近隣の県も次々と知事が自粛要請を発表。 なんともどんよりとした週末です。 さらに、3月最後の日曜日は、季節外れの雪。 […]
コメントなし

「こびとのつづみ」を掘り出しました

何か春らしい絵本がなかったかしら?と、物置をごそごそ探してみました。 みつけたのは、「こびとのつづみ」という絵本。   書店で売ってる絵本ではなく、幼稚園で定期購読していた「おはなしチャイルドリクエストシリーズ […]
コメントなし

石田勝紀著「同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか?」を読みました

オットがトヨタに車の相談に行くというので、くっついて行きました。 約束の時間よりかなり早く着きそうだったので、時間調整に立ち寄ったTSUTAYA BOOKSで、ついこんな本を衝動買い。   「同じ勉強をしていて […]
コメントなし

休校中の修了式に思うこと

3月24日、つくば市の小中学校は修了式でした。 うちの息子たちも、中学7年(つくば市は小中一貫教育なので、中1=7年生)と小学5年生の課程を修了しました。   ただ、「無事、修了」と言っていいのかどうなのか・・ […]
コメントなし

非常時の穏やかな一日

世の中は、コロナウィルスの報道一色です。 欧米でも、次々と渡航制限、入国制限、非常事態宣言、首相の緊急会見などのニュースが流れます。 わが家も、学校は休校のまま、春の陽気で暖かくなってきたものの、行楽に出かけるわけにもい […]
コメントなし

「馬ぬすびと」と太田大八

「馬ぬすびと」という本を読みました。 1968年刊行の半世紀以上読み継がれてきた作品です。 「馬ぬすびと」(平塚武二:作 太田大八:画 福音館書店)   鎌倉時代、九郎次という馬ぬすびとが、由比ガ浜で打ち首にな […]
コメントなし
中山純子

最近の記事

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村
ハッピーわがママライフ
ページ上部へ戻る