絵本

今日は猫の日

2月22日は、にゃんにゃんにゃんで猫の日だそうです。

33年前に、猫好きな人たちとペットフード協会が定めたのだとか。

猫、私も大好きです。かわいいな~~と思います。

飼っていたことがあるのは、小学生の時の一時期だけですが、あの毛の手触りや喉を鳴らす音、舌のザラザラ感、すり寄ってくるときの感触を思い出すと、なんとも幸せな気持ちになります。

 

猫の日と聞いて、手元にある猫の絵本を並べてみました。

まぁ、いっぱいありますよね、身近な動物ですから。

 

この日、うちは次男の野球の大会で、朝から野球場へ。

春一番が吹き荒れる中、砂ぼこりと花粉にまみれて終日応援でした。

 

スポーツ少年団の少年野球チームですが、次男はいたってゆる~く、マイペースに野球と付き合っています。

練習を嫌がったり、行きしぶることはありませんが、積極的に野球の話をしたり、試合をテレビやYou tubeで見ることはありません。

家で自主練することもほとんどなく、一応素振りを日課に決めているものの、家族の見えないところでこそっとやるので、本当にやっているかどうかもわからないほど。

ただただお友達と過ごす時間が楽しくて続けているだけの野球。

そんな次男の野球関係の愛読書はこれ。

 

どちらも猫が主人公。

実に肩の力の抜けた、ゆる~い感じ。

 

強豪バスケ部で、常に勝利を、上を目指す兄。

家の中でもフローリングでドリブル練習をし、You tubeでNBAのプレイばかり見ている兄の愛読書が「スラムダンク」なのと対照的です。

まぁ、次男も漫画の面白さでスラムダンクは大好きなのですが、熱血とか本気とかとは無縁です。

こればっかりは、比べてもしょうがないこと。

猫ピッチャーを読みながら、野球を楽しむ次男もそれはそれでいいと思います。

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪