絵本

ホッキョクグマのおすすめ絵本「ぽちっとあかいおともだち」と翻訳裏話

日曜日の朝日小学生新聞の1面は、隔週で写真家前川貴行さんの「生き物たちの地球」が掲載されます。

自然の美しさと命の躍動感が、生き生きと写し出された動物写真が見事で、大好きなコーナーです。

 

昨日、2020年5月10日は、ホッキョクグマでした。

 

動物園でぐったりしているのと違って、力強さがみなぎっています。

地球で最も体の大きい肉食動物と言われていて、ふわふわのかわいいぬいぐるみのようなイメージとは別物です。

 

絵本セラピストとしては、ホッキョクグマの写真を見ても、つい「ホッキョクグマの絵本といえば?」と考えてしまいます。

そして、ありました、ありました、ホッキョクグマが主役の絵本。

「ぽちっとあかいおともだち」(コーリン・アーヴェリス:文 フィオーナ・ウッドコック:絵 福本友美子:訳 少年写真新聞社)

表紙は、赤い服の女の子ですが、主人公はホッキョクグマの男の子ミキ。

ミキは、ママに魚とりをおそわるよりも、遊びたくてたまりません。

真っ白な雪の中で出会ったぽちっとあかいもの・・・それは人間の女の子でした。

初めて会った二人が、雪の中で、氷の上で、思いっきり遊びます。

吹雪の中、二人は出会った地点までやっとの思いで戻ります。

そこには、まっしろのなかに、ぽちっとあかいものが・・・

女の子のママでした。

女の子はうれしそうにママにくっつき、ミキもママのところに帰ることにします。

氷の上でひとり寂しく座り、「ママ、どこなの?」とつぶやくミキ。

 

すると、なにかがちかづいてきました・・・

「ママー!」

ママの胸に抱かれて、ぐっすり眠るミキ。おやすみなさい!

 

この日は、ちょうど母の日でした。

二人とも温かなママの胸に抱かれるラストは、母の日にぴったりだったかもしれません。

 

出版社のサイトの作品紹介ページでは、中のページが数か所見られます。

淡い優しい色合いの雪と氷と海とホッキョクグマの中に、女の子の赤が印象的です。

 

この絵本、表紙カバーには、キラキラとしたラメとエンボス加工が施されていて、とてもきれいな本です。

(写真では、キラキラがうまく撮れませんでしたが)

 

プレゼントにもいいかもしれませんね。

 

この「ぽちっと あかい おともだち」

原作のタイトルは、「A DOT IN THE SNOW」

翻訳者の福本友美子さんに、翻訳裏話をうかがったことがあります。

 

このタイトル、かなり悩まれたすえ、思いきった意訳にしたそうです。

英文の意味は、「雪の中の点」ですものね。それじゃ、あまりにも情緒がありません。

言葉の意味だけではなく、表紙のデザインも、原作のレイアウトを壊さないように、うまくはまる日本語にしないといけません。

英語はこれ。

日本語でも、違和感なくおさめたのは、すごい職人芸だと思います。

 

福本さんは、ひととおり翻訳した後、文字を見ずに絵だけをゆっくり見ていくそうです。

絵本は、文と絵が一緒になってひとつの作品を作り上げるもの。

言葉だけにとらわれていると、絵となじんでいるかを見落としてしまう可能性があるから、とのこと。

そして、声に出して英語を読んで、日本語の訳文を読んで、リズムを確かめます。

絵本の文章は、声に出して読まれることが前提ですので、声に出して読みやすく、耳に心地よいリズムでないといけないといいます。

 

絵本の翻訳なんて、短いし、言葉は小さい子供でもわかる簡単なものだから、きっと簡単だろうと思う人もいるかもしれません。

しかし、短いからこそ、ごまかしのきかない高度な知識とセンスが要求されます。

絵本の世界も、翻訳の世界も、本当に奥が深いのです。

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪