ブログ

掃除機を、おしゃれな充電式スタンドタイプに買い換えました

こんにちは!現在巣ごもり主婦のらくちゃんです。

 

ふと思い立って、掃除機を充電式のスマートなスタンドタイプに買い換えました。

 

買い換えた理由

今まで使っていた掃除機は、「掃除機のシンボルマーク」のような、普通の紙パック掃除機でした。

オットの転勤でタイから帰国してきた時に、生活家電を一気に買いそろえたのですが、掃除機もその中の一つ。

(私はタイで結婚して、所帯を持ったので、日本には家財道具は何も持っていませんでした。)

かれこれ、11年使ってきたことになります。

 

今も一応問題なく動いてくれていますが、ヘッドのブラシはハゲハゲツルツル。

階段の多い我が家を、掃除機を持って上ったり下りたり、コンセントをさして届く範囲に掃除機をかけて、移動してまたコンセントをつなぎ直して・・・というのが、意外と面倒。

そんなこと、当たり前で、不便だなんて思わなかったのですが、世の中なんでもコードレス、無線、Wifi、Bluetoothが当たり前になってくると、掃除機もやっぱり・・・となりますよね。

 

ちょうどオットが、車の中を掃除できるハンディ掃除機が欲しいと言い出したので、それなら!とハンディにもなる充電式タイプを購入することにしました。

 

ちなみに、内閣府の消費動向調査によると、電気掃除機の平均使用年数は7年から8年だそうです。

20代から30代の若い世代は、4年から6年ほどで買い替えるようですが、40代以上になると7年以上、70代以上になると9年近くと、年齢が高くなるほど長期間、大切に使う傾向にあるとのこと。

うち、11年使ってますが。

70代以上を凌駕する「物持ちっぷり」です。

褒め言葉と受け取っておきましょう。

 

Panasonic製充電式掃除機

今回購入したのは、近所のヤマダ電機です。

いくつかある、手ごろな価格帯の製品から、見た目、重さ、使用時の音、メーカー、価格から検討し、これを選びました。

Panasonic 充電式掃除機 MC-BU110J

 

スタイリッシュな流線形のボディに、色は大人っぽいブロンズブラウン。

割と小さくコンパクトな箱で、持ち帰りにも苦労しませんでした。

 

開梱すると、このようにパーツが入っていて、少し「組み立て」作業が必要です。

長い取っ手のところは、外してあるので、本体のネジを一度はずし、取っ手を差し込んで、再度ねじを締め直します。

 

ハンディ掃除機部分を取り外すと、こんな感じ。

用途に応じて、先端に「すきま用ノズル」や「たな用ブラシ」を装着できます。

 

 

充電台に、充電アダプターを差し込んで、本体を乗せれば、自動的に充電が開始します。

充電中は、本体正面の青いランプがゆっくりと明滅し、充電完了すると消灯します。

 

フル充電するには、約5.5時間かかるようですが、ある程度充電したところで、使ってみました。

 

 

感想

本体2.7kg(ハンディ部1.4kg)は、持って階段を上るには少し重い気がしますが、掃除機をかけている間は、まったく気になりません。

ヘッドの小回りはあまりきかず、階段などの角の部分はほこりが残りがち。

そういう時は、ハンディタイプにすき間ノズルをつけて、使用すればOKです。

使用時間の目安が、HIGHで約15分、LOWで約30分というのは、少し短い気がしますね。

さっさと掃除をすませて、充電台に戻すようにしないといけません。

 

久しぶりに買った掃除機は、なかなかモダンでスタイリッシュ。

コードもなくて、使い勝手もいいので、子供たちにもぜひ積極的に使ってもらいましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中山純子

最近の記事

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村
ハッピーわがママライフ
ページ上部へ戻る