タイ

超かわいいタイの知育絵本

こんにちは!タイ語翻訳者で絵本セラピストのらくちゃんです。

 

今日は、ずっと前にタイで買った、かわいい絵本をご紹介します。

「ขึ้นอย่างไรนะ」(どうやってのぼるの?)

 

「ลงอย่างไรนะ」(どうやっておりるの?)

 

この2冊は、シリーズのようで、登場人物(?)が同じです。

表紙に飛んでるてんとう虫も、共通のキャラクターです。

 

まんまるおめめのふくろうと子ネコちゃんがかわいい。

中に出てくる他の動物たちも、どれもとてもかわいいです。

鉛筆と水彩で描かれた、シンプルで優しいタッチの絵で、癒されます。

 

お話は、どちらも同じテーマ。

「どうやってのぼるの?」の方は、ある日ふくろうの子が、木の上の巣から落ちてしまいます。

まだ飛べないふくろうくん。巣に帰るのに、「どうやってのぼったらいいの?」と困っていたら、友達が次々のぼりかたを教えてくれます。

ネコは、「爪を立ててのぼっていくんだよ」。

ドウケザルは、「手足で幹にしがみついてのぼるのさ」。

ヤマアラシは・・・「トゲトゲがあるけど、ぼくものぼれない~」。

そこに、お母さんふくろうがやってきて、「そろそろ飛ぶ練習をする頃ね」と。

みんなに見守られて、お母さんの真似をしながら翼を広げてパタパタ・・・

「飛べた飛べた~!みんな、ありがとう。ぼく、飛んで巣に帰れたよ!」

というわけで、めでたしめでたし。

 

「どうやっておりるの?」は、その逆バージョン。

子ネコが、てんとう虫を追っかけて、木の高いところまで上ってしまったら、怖くておりれない~。

「どうやっておりたらいいの?」という子ネコに、また友達が次々下り方を教えてくれます。

ふくろうは、「翼を広げて、飛びながら下りればいいんだよ」。

この時点で、ふくろうくん、もう飛べているので、ふくろうくんのお話の方が先のようですね。

クモくんは、「糸を木にくっつけて、それをつたって下りるのさ」。

リスくんは、「腕と足を広げて、こんなふうにふわりと飛び下りるんだよ」。

どれもできなくて、困り果てていたところに、またまたお母さん登場です。

お母さんの真似して、爪を木に引っ掛けながら、ゆっくり、落ち着いて・・・

「下りれた~!みんな、下り方を教えてくれてありがとう。

でも、ぼくはネコだから、ネコのやり方で木から下りなくっちゃ」

 

この2冊、表紙のタイトルの上に「自信と問題解決思考を養います」と書いてあります。

裏表紙にも、

「ふくろうが巣に帰れるように、気遣って手伝う温かい友情。

そして、子供たちに自信を持って自分らしく成長することを学ばせます。」とか、

「子ネコを気遣い、手伝ってあげます。

問題解決思考を楽しむとともに、心温かく、自分らしく自信を持って成長することを学ばせます。」とあります。

ある種の知育絵本なのでしょうか。

 

子どもたちは、ただ「ふくろうくん、無事に巣に帰れるかな」「ネコちゃん、ちゃんと下りれるかしら」とハラハラ、ドキドキ、最後に、ホッと一安心。

それで充分だと思います。

ちなみに、裏表紙には、かわいい友だちが小さく見えますので、ご紹介しますね。

中身は著作権上、掲載できませんが。

 

 

ちなみに、ふくろうくんの方の表紙、左下に「タイ良書賞」のシンボルマークがついています。

タイ国内でも評価された作品なのですね。

日本でも、いつか紹介されるといいなと思います

 

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪