絵本

8月15日、私が読んだ絵本と考えたこと

こんにちは!大人に絵本を読んでいる、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。

 

8月15日、日本は終戦の日です。

 

戦争を題材にした絵本や書籍はたくさんありますが、私は今日はこの絵本を読みました。

「へいわってどんなこと?」(浜田桂子:作 童心社)

先の大戦では、たくさんの悲劇がありました。

原爆、空襲、特攻・・・

父親が、夫が、息子が戦死し、街や家を焼かれ、飢えや貧困に苦しみました。

あんなこと、二度と繰り返しちゃいけない。

それは、絶対そうなのだけど・・・

 

「あの時は大変だった」「日本はひどい目にあった」と、まるで全面的に被害者のような印象を持ってしまっていたことに、気づかされたことがあります。

「当時の国民は、戦争には『のっていった』んです」と言う人がいました。

ジブリアニメの有名なプロデューサー、故高畑勲氏。

ご自身も空襲に遭い、火の海の中を逃げ惑った経験があるそうです。

その人が、「当時の国民は、戦争の高揚感に国を挙げて盛り上がり、大きな流れに『のっていって』しまった」と言っていました。

 

詳しくは、こちらの記事に書きました。↓

 

「知らなかった、ぼくらの戦争」から気づいたこと 後編昨日に引き続き、アーサー・ビナード著「知らなかった、ぼくらの戦争」を読んで、気づいたことを書いていこうと思います。 昨日は...

 

「知らなかった、ぼくらの戦争」(アーサー・ビナード:著 小学館)

 

この、「大きな流れにのっていって」しまう恐ろしさ、今も感じませんか?

ああいう「戦争」は、繰り返さないとは思いますが、店頭からマスクが消え、トイレットペーパーが買えなくなり、最近ではうがい薬もなくなりました。

都内や県外から来た人に、正義の鉄拳とばかりに嫌がらせをする人もいると聞きます。

そんな現象に、「へいわ」がゆらぐのを感じてしまいます。

 

冒頭紹介した絵本「へいわってどんなこと?」には、どんなことが「へいわ」なのか、「きっとね、こんなこと」と書いています。

 

爆弾が落ちてきたり、街が破壊されたりしないこともそうですが、

「いやなことは いやだって ひとりでも いけんが いえる」

「どんな かみさまを しんじても かみさまを しんじなくても だれかに おこられたりしない」

 

自分の意見を持ち、それを言えること。

違う考えの人がいることを、受け入れること。

それが「へいわ」には、不可欠かなって思います。

 

絵本セラピーを学び、実践していく中で、そんな思いが強く、明確になってきました。

同時に同じ人から、同じ場所で読んでもらった絵本。

絵本セラピーでは、その感想や思い浮かんだことを、分かち合ってもらうことがあります。

「あなたは、そう思うんだ。わたしはね・・・」

「そこに目が留まったの?気がつかなかった。」

そんなことが、よくあります。

そして、「へぇ、違うんだね。おもしろい!」と。

 

絵本セラピスト協会代表のたっちゃんは、「絵本でいつのまにか世界平和」と言っています。

私も、その思いに強く共感しています。

絵本の力を借りて私ができること。

それは本当に誰も気がつかない、小さな小さなことだけど、気がついたらちょっとだけ前より「へいわ」で「しあわせ」なことが増えていたらいいなと思います。

 

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪