絵本

豪快な雨の絵本「どしゃぶり」が超おススメ!

こんにちは!絵本セラピスト🄬のらくちゃんです。

 

今、関東地方は梅雨の真っ最中ですが、しとしと雨が降り続く「梅雨」のイメージとはちょっと違うお天気です。

早くも気温30度超えの夏日が続いたり、夕方から急にすごい雷雨に見舞われることも珍しくありません。

気候が変わり、「スコール」や「ゲリラ豪雨」のような雨が当たり前になりました。

 

今回は、そんな激しい雨を楽しく体感できる絵本を紹介します。

どんなお話?

ストーリーを読む絵本ではありません。

この表紙の男の子と一緒に、ただ雨を感じ、楽しめばいいのだと思います。

 

ある、あっつい日。

焼けた地面を歩いて男の子が帰ってきたようです。

家の前で空を見上げると、真黒な雲が。

間もなく、ぽつっ!ぽつっ!ぽつっ!と大粒の雨。

熱い地面から立ち上る雨のにおい、そらのにおい。

男の子がさしたきいろいかさを、雨がたたきます。

次第に雨は激しさを増し、男の子はかさを投げ出して、くつも脱ぎ捨てて、雨を全身で受け止め、感じます。

水たまりを蹴散らして、ジャンプ!

思いっきり、雨と一体になって遊ぶ男の子。

 

そのうち、雨はあがって青空が見えますが、「みんな びっちょびちょ」。

「びっちょびちょで いいきもち」

 

独断と偏見の感想

この絵本を読んでいると、自分の記憶の中の雨の感触、音、においが呼び起こされます。

おとなになると、面倒なだけの雨。

子供は、こんなに全身で雨を味わい、楽しめるんだ、ということを思い出しました。

ついつい、「濡れるよ」「風邪ひくよ」「どろどろになっちゃう」と言って、子供を家の中に囲い込んでしまうけど、本当はこういう体験したいよね。

そんな子供心を思い出させる、素敵な絵本でした。

 

来月から始まる、小学校の読み聞かせに、ぜひ読んであげたい一冊です。

 

こちらもおススメ

この「どしゃぶり」は、ちょうど2年前に出版された、割と新しい絵本ですが、この絵を描いたはたこうしろうさんの「なつのいちにち」(偕成社)も、やはり五感を刺激する素敵な絵本です。

 

夏休みのある日、たまたま家の人が誰もいない。

男の子は、クワガタをとりに出かけます。

暑い夏の空気、まっしろな日差し、夏草のにおい・・・

読んでいる私も、記憶の中の夏の日がよみがえります。

夕立にあってびしょ濡れになるけど、苦労して「大物」をつかまえた彼は、大満足!

 

幸せな夏休みの記憶と重なり、ノスタルジックな気持ちになります。

 

この絵本と出会ったのは、去年の6月。

参加した絵本セラピーで読んでもらいました。

参加者は全員おとな。

それぞれの夏の記憶をわかち合い、楽しいひとときを過ごしました。

 

でも、今の子、この夏の光景、ピンとくるかしら?

この絵本が出版されたのは、2004年です。

その頃でも、都会の子はもうクワガタとりには行かなかっただろうな・・・

うちの子たちは、この絵本に共感するのだろうか・・・

この絵本の世界が、ファンタジーになってしまったら、ちょっと寂しい。

やっぱり子供たちには、五感をフルに使って、この地球を感じる体験を、いっぱいしてもらいたいと思うのです。

 

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪