コーチング

【書評】「最高の教師がマンガで教える 勝利のメンタル」

こんにちは!原田メソッド認定パートナーのらくちゃんです。

 

師匠の原田隆史先生の最新刊、「最高の教師がマンガで教える 勝利のメンタル」(日経BP)を読みましたので、ご紹介します。

 

これってどんな本?

世界のトップアスリートが、こぞって学ぶメンタルの鍛え方、整え方を、マンガを使って解説します。

2020年。本来だったら東京オリンピックが開催される予定でした。

スポーツに関心が高まっている時だから、という狙いもあってのことでしょう。

オリンピックで金メダルを狙う陸上400メートルリレーの選手たちの物語を題材に、メンタルについてわかりやすく、詳しく述べられています。

実在のトップアスリートの事例も豊富に紹介されているので、スポーツ好きなら、読んでいてワクワクするでしょう。

 

しかし、ご存知のとおり、オリンピックは1年延期になってしまいました。

オリンピックイヤーに、本番に先駆けて本書を出版したことは、当てが外れたのでしょうか。

そうではありません。

メンタルは、人生のあらゆる場面で重要になってきます。

特に、今のような想定外の事態に直面したとき、不安や混乱やイライラなど、精神的に不安定になりがちです。

また、オリンピックが延期になったように、甲子園やインターハイ、中学生の総体なども中止になりました。

目標としてきた大会がなくなり、失意のどん底にいる子供たちにも、立ち直るヒントとなるものです。

大舞台で実力を発揮するためにも、メンタルの扱い方が重要ですが、「まさか」の事態に負けない心づくりも、メンタルが鍵になります。

本書は、そういう意味で、今まさに求められる一冊ではないかと思います。

 

ちなみに、本書の前に、「最高の教師がマンガで教える 目標達成のルール」(日経BP)という書籍もあり、シリーズになっています。

こちらは、仕事での成長、成功、プライベートでの結婚やパートナーとの関係、子育てでの壁などを乗り越えていく女性「ちひろ」が主人公。

やはりマンガで成長ストーリーを追いながら、「目標達成のルール」を解説しています。

ちなみに、名コーチの不思議な白猫「ニャーラ」は、共通のキャラクターです。

合わせて読むと、より深く理解できると思いますよ。

 

ところで、メンタルってどうやって鍛えるの?

メンタルは、目に見えないものなので、鍛え方、練習の仕方もピンときません。

走りや泳ぎのタイムが速くなった。

腹筋や腕立てのできる回数が増えた。

など、計測できれば成長、上達が実感できますし、練習方法もわかります。

でも、メンタルって、漠然としてますよね。

 

本書では、メンタルトレーニングの以下の8つのスキルを紹介し、それぞれについてどのようにしたらいいのか解説しています。

  1. 目的・目標設定
  2. セルフコントロール
  3. イメージトレーニング
  4. 集中力
  5. プラス思考(パフォーマンスの方程式)
  6. セルフトーク
  7. コミュニケーション(ストローク)
  8. 予測と準備

これらは、スポーツなどの真剣勝負の場にのぞむ人だけが、取り組むべきものではありません。

私たちの日々の仕事、子育て、家庭生活でも、大いにプラスの効果を発揮します。

 

著者の原田隆史って、どんな人?

原田隆史先生には、以下のような様々な肩書があります。

  • 株式会社原田教育研究所代表取締役社長
  • クラスジャパン小中学園校長
  • ビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授
  • オリンピック選手のメンタルトレーナー
  • プロサッカーチーム浦和レッズのメンタルトレーナー
  • バスケットボールチーム滋賀レイクスターズのメンタルトレーナー
  • 企業研修講師
  • 著者

などなど。

去年、話を聞いた時点で、36の事業、プロジェクトに関わっているとのことでした。

 

しかし、「元大阪の公立中学の教師で、陸上部顧問として子供たちを指導し、7年間で13回の日本一を輩出した」というところが原点になっています。

その時に試行錯誤しながら編み出した、目的・目標設定の手法、セルフコーチング、メンタルトレーニングの技術である「原田メソッド」は、教育やスポーツ界だけにとどまらず、ビジネスや芸術の分野でも広く効果が認められ、導入されています。

また、メソッドの有効性は、海外でも注目されていて、原田先生の著者や教材は、20ヶ国以上の言語に翻訳され、世界の多くの国でも実践されています。

 

ちなみに、私が知っている原田先生は、とにかく熱くてパワフル。

それでいて、おちゃめな大阪のおっちゃんです。

真剣で熱い学びの場でも、随所に「ここ、笑うとこですよ!」というネタがはさまります。

熱く強面のキャラの裏には、人々の成長と幸せを願う、海より深い愛にあふれた「母性」の人でもあります。

 

私の独断と偏見の感想

この本の発売を、心待ちにいていました。

というのも、長男が中学のバスケ部でがんばっているから。

「エンジョイ系」ではなく、「ガチ系」の部活です。

スポーツが題材のマンガなら、共感しながら読んで、学んでくれるかな、と期待しています。

 

さて、本書に書かれているメソッドは、「原田メソッド認定パートナー」なら、養成講座の中でひと通り学びます。

(実践できているかは別にして・・・)

ただ知識として知っているだけより、本書のようにマンガでストーリーとして描かれ、人物に感情移入しながら読むと、より生き生きと体感でき、理解が深まる気がします。

 

とはいえ、普通のビジネス書一冊のページ数の中で、マンガでストーリーを展開し、文字で解説を加えるという構成では、ストーリーへの没頭感が今一つ。

長男がバスケ部に入った時に、「スラムダンク」を全巻大人買いし、家族でドハマりしました。

そこから派生した「勝利学」の本を読み、名言から哲学、美学を学びました。

 

この「勝利のメンタル」のマンガも、登場人物一人一人をもっと細かく描き込み、エピソードをふくらませ、クライマックスのオリンピックの決勝戦でハラハラドキドキ、手に汗握る展開、そして最後は大号泣~~~!という作品を読みたいものです。

にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪