絵本

ふぞろいで、おいしい野菜たち

こんにちは!大人に絵本を読んでいる、絵本セラピスト🄬らくちゃんです。

 

今日、お茶の先生から突然電話があり、「手伝って~」と。

なにかと思って駆けつけてみたら、「ご近所さんやお友だちから、たくさん野菜をもらったの。食べきれないから、手伝って」ということでした。

つくばは畑も多いですから、家庭菜園でも結構本格的だったりします。

豊作だと、家庭では食べきれず、おすそ分けをいただくことはよくあります。

 

お茶の先生も、よくご近所からいただくそうですが、数年前にご主人を亡くし、今はお一人暮らし。

そうそうたくさん食べられるものではありません。

 

そんなわけで、4人家族+隣に母が住む私が、おすそ分けのおすそ分けをいただいてきました。

 

こんなふぞろいの野菜たちを見ると、つい思い出す一冊の絵本があります。

といっても、定価389円の月刊「かがくのとも」(真木文絵:文 石倉ヒロユキ:写真 福音館書店)。

 

実に、ユニークで大小さまざま、形もさまざまな野菜の写真がいっぱい載ったムック絵本です。

野菜は、工業製品ではありませんから、いろんな形があるのが当たり前。

本文中の、

「どんな しゅるいの やさいでも

きまった かたちは ないんだね」

の言葉に、うん、うん、とうなづいてしまいます。

 

この絵本、以前、大人に絵本を読む絵本セラピーで、メッセージを込めた締めの一冊に読んだことがあります。

形はいろいろでも、み~んなその野菜の美味しさや栄養を持っている。

いろんな野菜が合わさって、さらに美味しくなる。

(この本の最後で、野菜ゴロゴロカレーになります。)

それを人間社会になぞらえて、メッセージとしてお届けしました。

 

 

ところで、人間は、野菜よりもちょっとだけ複雑で、顔つきや体格だけじゃなく、性格、特徴、個性、気質もいろいろ。

そのひとつ、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン、人一倍繊細な人)について知ってもらおうと、最近積極的に勉強会やセミナーを開催している友人がいます。

多様性を認め、「生きづらい」と感じる人が一人でも少なくなる社会にしたい。

そんな強い思いを持って、活動しています。

まずは知ることから。

そして、違いを理解し、認め合う。

そんな彼女の思いに共感し、応援しています。

近々、ZoomでHSPについて学べる基礎講座が開催されます。

詳しくは、以下のリンクからどうぞ。

 

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪