絵本

ブックハウスカフェを応援します!

本の街・神保町に、子どもの本とカフェのお店「ブックハウスカフェ」があります。
お店まるごと絵本屋さんで、絵本のキャラクターグッズなどの商品も手に入る、絵本好きにはたまらない場所です。

 

 

この、ブックハウスカフェが、SOSを出しています。

世界的に蔓延する新型コロナウィルスの影響で、日本でも全国的に外出自粛が要請されています。

本屋さんにも、今は出かけることを控えなければならない時期です。

本を買ってくれるお客さんはこない、カフェにも人は入らない・・・でも、ランニングコストはかかります。

家賃、電気代、スタッフのお給料・・・

神保町は東京都心ですから、家賃もそれなりでしょう。

実は、このお店、まだオープンして3年しかたっていないのだとか。

詳しいふところ事情は知りませんが、大企業のような体力をお持ちとは思えません。

 

苦肉の策として、「サポーター」を募集し始めました。

一口3,000円の個人サポーターと、一口1万円の法人サポーターのプランがあり、カフェチケットなどのつく特典付きコースと、特典なしコースがあります。

www.bookhousecafe.jp
外部サイト

 

サポーター制度導入のご案内とお願い | 株式会社 ブックハウスカフェ
https://www.bookhousecafe.jp/news/bhc_saporter/
新型コロナウイルスの流行拡大は未だ収束を見ず、政府からも長期戦を覚悟するべきとの見解が示されています。 この難しい局面を何とか乗り切り、ブックハウスカフェを続けていくために、皆さまの応援をお願いいたします。 ブックハウスカフェは、本の街・神保町にある〈こどもの本の専門店〉です。3年前に開業しました。

ここで少し私が体験した「ブックハウスカフェ」をご紹介します。

とはいえ東京なので、つくばからはそうしょっちゅう行けるわけではありません。

ですが、絵本関係のセミナーや絵本作家さんのサイン会、原画展などのイベントもよく開催されるので、私も何度か足を運びました。

店舗の中にもミニギャラリーがあり、マンスリーで原画が展示されていたりしますが、2階に上がると広いイベントスペースになっていて、企画展なども開催されています。

私が去年の秋に行ったのは、「こどもの本の画家たち展」。

 

 

店舗中央のカフェスペースで開かれた、シャンティ国際ボランティア会の活動報告会にも参加しました。

 

なんと、この会で、絵本作家のスギヤマカナヨさんと、20年ぶりの再会を果たしたという、忘れられないできごともありました。

 

月1回通年で計画されている「ひさよの絵本講座」という勉強会にも参加してみました。

 

ぼうだいな数の絵本の紹介と、読み解き方、制作の背景や作家のことなど、濃密な内容に大興奮。

新年度から毎月通うぞ!と申し込みをしたところで、このようなことになってしまいました・・・(涙)

 

店舗の奥には、さらにゆったりとしたカフェスペースがあり、懇親会や座談会のようなイベントによく使われます。

 

絵本セラピストの仲間も、ここのカフェで絵本セラピーや「おとな絵本部」のような部活動?をやっていました。

絵本に関わる人、絵本好きの人のイベントも頻繁にあり、子どもの本への愛と活気を感じられる大好きなお店です。

 

だから、アフターコロナには、また元気に営業してほしい。

新しい絵本を店頭に並べ、原画を飾り、作家さんのサイン会をして欲しい。

原画展や勉強会、作家さんの講演会もいっぱいやってほしい。

また、わくわくしながらイベントカレンダーをながめ、子供が学校に行っている間に、つくばエクスプレスに飛び乗って絵本講座を聞きに行きたい・・・

 

私ができることは、本当にささいなことかもしれません。

でも、祈るような思いを込めて、サポーターに申し込ませていただきます。

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします♪